整えながら進んでいく

実は年明けから、少ししんどい時期を過ごしていました。

それは感覚が研ぎ澄まされていく中で、今まで気づいていなかった自分の反応に

気づき始めたことがきっかけです。

「私はこんなにも他者の一挙一動に反応しているんだ。」という衝撃。

いかに他者の一挙一動で「自分が大丈夫かどうか」を無意識に確認しているのかに気がつきました。

 

一言で言うならその根底にあるのは「自分の存在に対する不安感」。

 

「何ができないから(足りないから)自信がない」と言うより自分の存在そのものに対する不安。

それが自分のデフォルト、ベースになっていることに気がついて、愕然としました。

 

私は今まで内観をしたりセラピーを受けることで自分癒しを何年もしてきましたが、

それが出来ていなかった訳ではなく、

癒しを続けてきたからこそ、表層的なところではなくて、

自分の「コアな部分」が見えてきたんだと思います。

 

エゴは本当に巧みにネガティブなものや不快な感覚は「見なかったこと」にして

瞬時に抑圧しますが、今回ばかりはもう気づかなかったことには出来ませんでした。

おそらくコロナ禍で外界の刺激が減ったことで、抑圧出来なくなったのもあるでしょうし、

私にとって必要なタイミングだから浮上しただけかもしれません。

いずれにしても、これはもう徹底的に自分と向き合うしかないなとコミットして、今に至ります。

 

今までも癒しをしていて苦しくなると

「後戻りをしているんじゃないか?」

「そんなことよりポジティブなことや、なりたい自分に意識を向けた方がいいんじゃない?」

と言う心の声が聞こえてきて、そっちのメッセージに耳を傾けたくなることがたまにあります。

 

でも「なりたい自分に意識を向ける」「やりたいことに意識を向ける」と言う

今の世の中の主流のメッセージにどうもついていけない方は、私と似たタイプかもしれません。

 

苦しいと言いながらも、自分をどこまでも掘り下げて探求するのが好きなんですよね。

自分を知ることは結局、真実、真理に触れることと同じだからかもしれません。

 

「望んでいる状態」や「なりたい自分」を思い描いている時、

(しかも突拍子もないような理想を描いている時)、

自分の中の欠乏感(エゴ)から来ていることがほとんどです。

全員そうだとは言いませんし、夢を思い描くことが楽しいのはよーく分かります!

「出来ることなら疑問なくそっちに行きたかった・・・」

と私の心も時々、訴えます(笑)。

でも私には魂が望んでいることって、物理的に思い描けることじゃないような

気がするんです。

そう思ってしまうと、引き寄せ的な「こうなりたいな」ということが

思い描けなくなりました^^;

 

突き詰めていくと、私が本当に望んでいるのは、

 

平安な感覚

自由な感覚

宇宙や人生の流れを信頼している感覚

繋がっている安心感

愛している感覚、愛されている感覚

自分の本来の力を信頼している感覚

 

そんな抽象的な感覚です。

例えどんなに外側の状況が整っても、

自分の本当の感情、感覚は、深いところでは自分だけは絶対に騙せません。

 

だから私はこのブログのタイトル通り、本当に自分に正直になって、

自分の根底にある恐れも、脆さも、

さらけ出しながら歩んでいこうと決めました。

 

もう自分を誤魔化さないで、自分の根っこを整えていく。

その先に何があるかは宇宙に委ねて^^

整えながら進んでいく” への2件のフィードバック

  1. 力強くて凛とした文章に心惹かれました。わたしも最近、同じような感覚だったので、とても通ずるところがありました。ありがとうございます😊

    1. 共感してくださってとっても嬉しいです!不器用な生き方なのかな・・・と思ったこともありますが、そんな自分も愛しい自分ですよね。こちらこそありがとうございます😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です