私のブログ

自分のエネルギーを上げてくれる世界観で生きる

突然ですが、

皆さんはどんな「世界観」で

生きていますか?

 

世界観というとイメージしづらい方は

人生において、

どんな価値観を大事にして

生きていますか?

 

誰にも迷惑をかけないように、
実直に生きること?

家族を持って、平凡ながらも、
日々の幸せを感じて生きること?

人からは破天荒な人生と思われても、
好きなことをして生きること?

 

もっと精神的なことだと

自分が信じている宗教の
教えを大切にしていたり

ヨガに邁進している方は

好きな流派の先生の教えを

一番大事にしているかもしれません。

 

私はいろんなことを学んだり
体験していくことで、

「万人に当てはまる、
幸せに生きていくためにベストな方法論」

を見つけようとしていたのかもしれません。

 

でもこのコロナという

世界規模の未曾有の状況に直面して

この世界で幸せに生きていくための

万能のレシピは存在せず

 

「皆んな自分が無意識に選んでいる世界観

で生きているだけなのかもしれない。」

 

ということが、ある人の言葉で

頭をヒットしたのです。

 

時代の変わり目の今

自分の価値観が変わり始めて

モヤモヤしている方は

このブログを読んでみてくれたら

嬉しいです。

 

万人に当てはまる、幸せな人生のためのレシピを探していた

私は心理カウンセリングを勉強、実践して

自分が楽に生きられるようになったことから

ここ数年は自分の感情に向き合うことを

大切にして生きてきました。

 

自分の経験と

楽になった体感が大きかったので

いつしか「自分の心の痛みに向き合うことが

自分らしく生きるためのベストな道だ。」

と思うようになっていきました。

 

とはいえ、私は空気を読んでしまう方なので

「皆んな自分の感情と

向き合えば良いのに!」

とお節介な思いを抱きつつも、

口に出してはあまり言っていませんでした。

 

それでも

ただ話を聞いて欲しいと思っている

友達の悩みさえ、

「こうすれば良いのに」という

思いが浮かんで

真っ直ぐに話を聞くことが

出来ていなかったかもしれません。

 

その後、仕事がきっかけで

エネルギー医療、情報医療という

新しい概念を学び続けており

新たな視点を持ち始めました。

 

新しい視点を持てたことで

「癒しの道は一つじゃない」と

頭では分かっているつもりでしたが

自分に機能した世界観は

自覚しているより

ガッチリ固まっていたようです。

 

色々な人が色々なことを言っている!真実はどこに?

このコロナという

世界規模でのパンデミックが起きたことで

今まで以上に、

色々な情報が飛び交うようになりました。

 

世界規模で同時に

同じ脅威に直面するということは

私が生きてきた人生の中では

初めての体験ですし

恐らくほとんどの人にとっても

そうだと思います。

 

「万人に当てはまる、
幸せに生きていくためのベストな方法論」

を探し求めていたのに

 

私が尊敬するティーチャーたちや

信頼する人たちから入る情報も

今までだったら

「最終的には同じことを言っているよね。」

と理解できたことが

 

この状況の捉え方も

この状況の乗り越え方も

人によって言っていることが

全然違うことに

私は戸惑い始めました・・・。

 

「私は一体何を信じれば良いんだろう?

一体何が、真実なんだろう?」

 

そんなことを思っていたある日

 

「今までは、成功者や影響力のある人たちも

同じようなことを言っていたけれど

コロナが起きてから

人によって言っていることが

かなり分かれてきている。

だからこれからは、

自分が何を信じるかが大切らしいよ。

 

とある人に言われました。

 

この言葉を聞いた時

「正解は一つしかないと思ってたけど、

そもそも万人に当てはまる正解なんて、

初めからなかったのかもしれない。」

という思いが私の中に溢れて、

 

自分の制限的な観念が

ガラガラと崩れていきました。

 

この方法が正しいはずなのに・・・

とはいえ

一度自分が決めてしまった世界観を

手放すことは

簡単ではありません。

 

私の場合

「自分の感情と向き合って

受け入れていくことが

自分にとっても世界にとっても一番優しい。

だからこそ、これが正しい世界観だ。

という思いを長年持っていました。

 

もちろん、

これが間違っているとは

今でも思いませんし、

大切にしたい価値観の一つです。

 

でもこの思いこそ正しいという目で

世の中を見ると

それ以外の選択肢を

受け取ることが

難しくなっていたのです。

 

それでも自分を助けてくれた

世界観を手放すのは

とっても怖くて、

なんだか悔しくて、

 

一度握り締めた手のひらを開くことは

なかなかできませんでした。

 

1度採用した方法を、勇気を出して見直す

「これからは、自分が何を信じるかが大切らしい」

という言葉を聞いて

 

コロナ後のこれからの世界について

色々な人が色々な説を

唱えているのを聞いたり、

 

一人で過ごす時間が長くなったからか

私にとってそれが今のタイミングだったのか

 

人は皆んな

「自分が好きな(無意識に採用している)

世界観で生きているだけなのかもしれない。」

という思いが、突然、湧いてきました。

 

これは比喩的な意味ではなく

その人の現実では

本当にその人の世界観どおりの世界が

展開しているという意味です。

 

ということは

「万人に通用する幸になる正解の生き方」や

「万人に通用する癒しの方法」

なんてものは存在するはずがなく

 

逆にいえば

「自分が生きたい世界観は

いつでも選び直せる」

と、ふと思ったのです。

 

こんなことを言うと

「貧困や飢餓で苦しんでいる子供も自分で選んでいるのか!」

などと言う方もいるかもしれませんが

 

多くの人が無意識に選んでいる世界観は

心理学者のユングが提唱する

「集合的無意識(人類全体に共通して存在する無意識)」

に大きく影響されているので

人類全体の世界観が大きく変われば、

世界の状況も当然変わっていくと思っています。

 

話を個人レベルに戻すと

「自分が生きたい世界観は

いつでも選び直せる」

と思った時に

 

私が今までは選んでいなかった世界観が

目の前に選択肢として現れ始めました。

 

それと同時に

今コロナやこの後の世界に対して

様々な説が飛びかっているけれども

「自分はどの説を採用したいかな?」

と選ぶことができると感じたのです。

 

私はアニータと出会ってから

自分のエネルギーレベルの

チェックをすることを

日頃から意識しています。

 

私にとっての世界観の採用基準は

 

「その考えは、

私のエネルギーを上げてくれる?」

 

とゆうことだけ。

 

私は自分のエネルギーを拡大することを

選ぶことの大切さを

分かっていたようで、

分かっていませんでした。

 

人は変わっていくものだから、

一度採用した方法すら見直して

「今」の自分のエネルギーを

上げてくれることを

選び直して良いんです。

 

これもまたアニータがよく言っている

「恐れ」ではなく「愛」を選ぶ

ということなのかもしれないと、

感じました。

 

「正しさ」を広げると世界が変わる

生きていくということは

時に大変だったり

 

皆んな愛されたくて

幸せになりたいという願いを

根源に持っているので

 

その方法を知りたくて

正解を探しているのかもしれません。

 

ほとんどの人は自分が

「正解」として採用した方法は

誰にも脅かされたくないものです。

 

今の世の中のような

不安定な状況では

尚更、生き残るために

「正解」を探したくなる人も

いるかもしれません。

 

でももし正解が一つじゃなくて

どんな世界でも選べるとしたら

 

これからどんな世界観で

生きていきたいですか?

 

コロナ後の世界は

自分が採用している世界観によって

今まで以上に

まったく違った景色が展開される時代に

突入していくような気がしています。

 

だからこそ

自分より地位のある、影響力のある、

誰かが言ったことを

鵜呑みにするその前に

 

自分の気持ちに

何度でも寄り添って

自分の世界観を選び直すことが大切

だと私は思うんです。

 

今の自分のエネルギーを上げてくれるものを、選び直す

私がこれから大事にしていきたい世界観は

「本当の私で生きる」

ということです。

 

え?

ホームページのタイトルにもなっているから知っているって(笑)?

 

前回のブログでも書きましたが

「本当の自分」で生きるって

私には簡単なことじゃありませんでした。

 

私にとっては

外界に見せている私と

内面の私を一致させていくことが

「本当の私で生きる」

ことなのかなと思っています。

 

これが今の私にとって

「エネルギーを上げてくれる」

世界観なんです。

 

もう一つ。

私は今まで「欲しくないもの」に

エネルギーを向け過ぎていたようです。

 

望んでいない状況を変えたいと思うと

その状況の意味を理解しようとしたり

自分の感情を掘り下げたり

そんなことが習慣になっていました。

 

これも時には必要だと思いますが、

私は必要以上に「ここ」にエネルギーを

向け過ぎていたことに

最近気がつきました。

 

これも1年前にアニータが

Focus on what you want,
not what you don’t want.

(望まないことではなく、
望むことにフォーカスする。)」

と言っていたことを

 

やっと実感として

捉えることができました。

 

皆さんも今この状況の中で

自分のエネルギーを上げてくれる

メッセージ、世界観、

 

もしかしたら自分のエネルギーを

下げていたかもしれない世界観、

 

もう一度見直してみて、

選び直してみませんか?

 

本当の多様性を受け入れるということ

生き方や世界観に

正解、不正解というものは存在せず

ただ皆んな無意識でも、意識的にでも

自分の採用した世界観で生きているだけ

 

そう思った時、

誰もジャッジする必要がなくなりました。

 

正解、不正解を求めていた時は

自分が正解だと思うためには

誰かを不正解にしなくては

いけなかったのです。

 

これって実は

すべてに当てはまります。

 

「世界観」「人生観」

なんていう

大袈裟なことじゃなくても

 

ネットのニュースのコメントや

ワイドショーでのコメンテーターの意見

SNSの使い方

働き方

人間関係

東洋医学と西洋医学

 

挙げたらキリがありませんが

絶対的な正解、不正解が

一つだけ存在すると思うと

必ず衝突が生まれるのです。

 

一つだけの正解はないけれども

「その時のその人にとっての正解」

があるだけなのです。

 

そう思えたことで

いろんな人が

いろんな生き方をしていいと

ストンと落ちた気がしました。

 

そして一番大切なことは

「誰がどういう生き方をしているか」

ということではなくて

 

「今の自分にとっての正解はなんなのか?」

をいつも自分に問いかけて

選んでいくことだけなのだと

思えました。

 

皆さんはこれからどいう世界観で

生きていきたいですか?

 

「自分が生きたい世界観は、

いつでも自分で選び直せる」

と思うとパワーが湧いてきませんか?

 

もし良かったら、

皆さんがこれから

大切にしていきたい世界観を、

教えてくださいね。

 

きっと世界はその通りに

展開していくと、

私は思っています。

自分のエネルギーを上げてくれる世界観で生きる” への2件のフィードバック

  1. YOKOさんこんにちは^^
    私もここ最近、自分が大切に
    握りしめていたものを手放す
    決意をしました。(ある価値観です)

    私にとってそれは自分そのもの
    と勘違いするほど大きなもの
    でしたが、それによって、無意識では
    自分に小さな圧力をかけていることに
    気付きました。

    知らず知らず、自分のエネルギーを
    小さくしていました。大切な価値観も
    今の自分に合わないものになっていた
    のですね。もしくはそれに執着しすぎて
    いたのかもしれません。

    自分がその価値観によって苦しいと
    感じていたことに気付いたことが
    衝撃的でした(笑)

    これからの世界はどうなるか
    本当に分からないです!

    YOKOさんのおっしゃるように
    いろんな人がそれぞれ異なった
    意見を発信していて、何を
    信じるといいのか混乱しますが、
    あまり恐れすぎず、楽観的になり
    すぎずにいこうと思います。

    自分を含め、この世界に生きる
    人がより本当の自分を生きることで
    Happyになるといいな~と思います。

    ではでは、また遊びにきますね♪

    1. あこさん、こんにちは♪今日もコメントありがとうございます(^ ^)

      大切にしていた価値観を手放したのは、勇気がいったでしょうね。
      「自分そのものと勘違いするほど大きい」とゆう感覚、とっても共感します。
      本当にあまりに馴染み深い価値観になっていると、自分のデフォルト設定
      になり過ぎて、なかなか気づかないですよね^ ^;
      それが自分のエネルギーを小さくしていたと気づいたとゆうことは、大きな一歩ですね!

      外側で何が起こっても自分の軸を意識して、皆んなが自分らしくより
      幸せに生きられる世界を意図していきたいですね!

      またぜひ遊びにいらしてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です